FC2ブログ

記事一覧

カルテの開示

先日、不当に閉鎖病棟への強制入院と拘束をされた方の相談に乗った。ある些細な症状から保護入院に身体拘束。年端もいかない年齢での強制入院。その人なりにどうしたら拘束から逃れ、どうしたら退院出来るか一生懸命模索されていた。その人はその医療機関に謝罪と損害賠償を求めたいというものだった。自分には法曹の資格はない。しかし、普通の人は弁護士を簡単には探せない。弁護士も専門と取り扱う事件が決まっている。病院のよ...

続きを読む

障害年金の申請

さあ、多くの皆さんは障害年金の請求方法をご存知でしょうか?ご自身の加入していた年金の種類により対処方法と支給内容に違いがあります。まず発症期(最初に病院で受診した時点)でのご加入の年金の種類が非常に大切です。その時点で厚生年金に加入していたのであれば厚生年金での基準が適用され、そうではなく国民年金(自営業者、厚生年金加入要件を満たさなかった従業員、学生、専業主婦、いわゆるプータロー等々)に加入され...

続きを読む

カルテの開示請求

昨日8月19日カルテ開示請求をしてきた。大学病院なので事務方は至って「事務的」に請求のための文書を受理するやと思いきや「今日は担当者がいない。後日改めて・・・」「責任者と相談してくるので・・・」「後で受付にお越し下さい・・・」。往生際が悪い。何故病院の都合でこちらが出直さなければいけないのか?担当者がいないと何も出来ない程度の大学病院が組織か?責任者は担当者よりも責務は下なの?悪いが患者をなめている。あーだ、...

続きを読む

有志を募ります。

先日のご案内通り、雇用されていない方で今回の募集趣旨にご賛同頂ける方を募集致します。条件11. ご自身若しくは家族に精神科、心療内科通院経験者がいらっしゃる(た)方。2. 現在生活保護を受給されている世帯主若しくは配偶者の方。3. 現在失業中の世帯主若しくはその配偶者。4. 現在、離婚が成立の有無に関わらず実質シングルマザー状態である方のうち、公的施設に入所されていない方。5. これから破産手続きを予定して...

続きを読む

やはり、無理解、無責任の塊 うちの親

家計が苦しい・・・行く度に毎度毎度、この様にしか言わないうちの親。事ある毎に自分に金をセビリ、過去の「散財」の責任追及する。自分も過去の「散財」は申し訳ないと思っているが、何年経っても言い続けるのだろう。何をしていたかは当然知っている。知っていて止めもしない、黙っているだけだった。ある日、お袋が親父に「損失の取り返しなんてバカな事を考えないで、今すぐ残っているお金を渡して!」と言い放った。そこで「...

続きを読む

プロフィール

Oliver2003

Author:Oliver2003
こんにちは
横浜のとある所に棲息しているしがない一応経営者。
専門は金融。
資産運用の世界では、少しは名の馳せたバックオフィスのスペシャリスト。
Accounting、Fund accounting、Compliance、System Administrator、General afferiate、Internal Audit、Custody control、Market practice reserche、System Engneer、System Consultant・・・
色々、歴任しました。
運用会社に、証券会社、信託銀行、保険会社、金貸し以外の金融はほぼ網羅。
新規立ち上げは信託銀行に運用会社が3社。
自分の会社も立ち上げました。
アタッカーズ・スクールで起業の勉強もして、今年 創設18年が終了。
今は人、カネに使われない働き方を模索中です。
一人大儲けしても意味が無い。
関係する人 全てがハッピーになれるビジネスを構築する事が、当面の課題です。
生活保護受給世帯、貧困状態の家庭、シングルマザー、食べられない子供、食べられない家庭を何とかせんとイカン!
学びたい子供、学びたい人に教育の機会を確保する事も大事。
お金の心配なんてしないで、しっかり学んで欲しいのよ。
世界一 冷たい国 日本をみんなで脱出をしよう!

相談事なら何でも聞きます。
お力になれるかはわかりません。
でも、一緒に悩みましょう。
クスリは体にとって「異物」です。
化学薬品の塊。
そんな物、体に言い訳がない。

急性期には必要ですが、長く服用して良いはずがない。
特にベンゾジアゼピンは使えば使うほど効力(薬効)がなくなり、服薬量が増えて依存性が強くなります(薬剤耐性→依存状態)。
いわゆる中毒です。

そこからの脱出は離脱症状との戦い。
ありとあらゆる体の異常が現れます。
先が見えなく不安になりますが、よく考えてください。
もう体に「毒」は入らなくなるか少なくなっているはずです。

と言うことは、あとは回復に向かうだけ!
めげず、希望を失わずにリカバリーをしていきましょう。

最新コメント

月別アーカイブ